鳩胸と腰痛!!!

2019年2月11日

本日、急性腰痛のクライアント様が訪れました。

痛みの検査では前屈時と椅子からの立ち上がり時に痛みが強く

歩行は出来ますが、動作開始時に痛みが強く出ていました。

結論から言うと、痛み軽減の決め手は鳩胸を改善した事です。

可動域検査では右股関節の外旋制限・屈曲制限・屈曲時の左腰部痛あり。

頭頸部屈曲制限もあり、立位体前屈での胸椎後弯不良もありました。

全身施術をしても痛みが残っていましたが、ふと鳩胸に気づき鳩胸を

改善してみると頭頚部の屈曲制限も改善、下肢屈曲制限も改善され、

前屈時の痛み・椅子からの立ち上がり時の痛みも改善されました。

全身をくまなく診ているつもりでしたが、見落としてしまいました。

今後は検査に鳩胸も追加していこうと思います。

ボディバランスニューセンスへのお問い合わせ
ボディバランスニューセンス
TEL:0533-81-8315
ご相談お問い合わせはこちら
このページのトップへ