バランスと筋抑制を調整!!!

2019年5月14日

ニューセンスのセッションは身体のバランスと筋抑制を

改善していきます。

今回は、ゴルフスイングを検証してみました。

身体の制限

   ・右股関節屈曲・内・外旋制限

   ・両肩関節挙上・水平内転(内旋・外旋)制限

   ・両肩関節外旋制限(矢状面上)

   ・体幹右回旋制限(背部側↑)

   ・背部緊張↑

   ・頭部前方偏移

動きの制限・痛み

   ・手関節掌屈(尺側手根屈筋・短小指屈筋)

   ・手指DIP屈曲(握力低下)(深指屈筋)

   ・肘内側の痛み(内側上顆)

   ・しゃがみこみ動作不良(長母趾伸筋)

   ・しゃがみこみ時右膝のknee in(腹直筋 腹横筋 後脛骨筋など)

   ・正座不良(足趾MP屈曲制限)(長趾屈筋 長母趾屈筋)

上記の内容を主として全身のバランス調整行ったところ下記のような

変化がみられました。

      

スイングの変化  (上がセッション前 下がセッション後)

   ・アドレスでの変化

     左肘の伸展角度

     頭部の位置(顎の角度)

     背部筋促進による体幹前傾角度

     股関節の屈曲(骨盤前傾位)

   ・テイクバックの変化

     右手関節のコック角度

     上部体幹右回旋角度

     右股関節の屈曲角度(重心位置)

     左肩関節水平内転角度

   ・ダウンスイングの変化

     重心移動と頭の位置

     クラブの入射角

     左肩の開き(右サイドでのタメ)

     右脚の飛球方向への力の伝達

   ・フォロースルー

     飛球方向への腕の伸び(肩甲骨前方移動:前鋸筋上部線維束)

     右股関節の飛球方向への押し込み

翌日ラウンドされて久しぶりに70代でラウンドする事ができたそうです。

ゴルフを楽しむ為には身体の可動域・筋出力はとても大事ですね!!!

気付かないうちにイメージと異なったスイングや動作になっている事が

多々みられます。

当店ではトラックマンを使ったスイング測定も行っております。

詳細はホームページをご覧ください。

     

     

     

 

ボディバランスニューセンスへのお問い合わせ
ボディバランスニューセンス
TEL:0533-81-8315
ご相談お問い合わせはこちら
このページのトップへ